スタッフブログ

【実験レポート】杉のフローリングメンテナンス

  • 投稿者[設計 辺見]
  • カテゴリ[メンテナンス]
  • 投稿者[設計 辺見]
  • カテゴリ[メンテナンス]

我が家では、床に杉フローリングを使っています。
約6年が経ちますが、今のところノーメンテナンス。
汚れはある程度つきますが、ツヤがないのであまり目立ちません。
小さな傷直しもしませんね、全く気になりません、私には。

水拭きはNGという意見もありますが、どうなんでしょう?
裸足で歩いても大丈夫なのに水拭きできない、というのは不自然な気がします。

「無垢フローリングの手入れ」と検索すると、
意見はバラバラ。何が本当なのかわからない感じ。
浸透性の塗装・ワックス処理をした床材についての手入れに絞ってみても、

・掃除機とほうきを使う、水拭きはNG
・濡れ雑巾で拭いてよい
・落ちにくい汚れは固く絞った雑巾で拭く
・クイックルワイパーがよい
・クイックルワイパーは木のささくれに引っかかるからよくない
・ダスキンモップがすごく便利、ただ床に直置きしないこと
・シュロのほうきがよい(シュロという木の樹皮を使った自然素材のほうき)
・半年に1回ワックスをかけた方がよい
・裸足で歩いていればOK、ワックスがけの必要なし

ここまで相反する意見が出てくるとは・・・・

では、実際はどうなのか?
杉フローリングの端材で実験しました。
①コーヒー
②水性ペン
③油性マジック
④サラダ油
⑤蛍光ペン

これらを無塗装の杉材に染み込ませます。
保護材を塗った床よりも悪条件です。
1R0025511_R

2R0025516_R

3R0025517_R
↑コーヒー(1時間放置)

4R0025518_R
↑まず水洗い。
コーヒーのシミはだいたい取れました。

5R0025525_R
↑次にペーパーがけ。汚れがひどいので、目の粗いものを使います。

6R0025529_R
↑どうですか?

7R0025532_R
↑目の細かいサンドペーパーで表面を滑らかにします。

8R0025530_R
↑マジックの汚れも消えました。
サラダ油のところは汚れが残りました。

9R0025533_R
↑2日後、乾いた状態です。
油の汚れもあまりわからないです。

こんな風にガリガリとメンテナンスできるのが無垢材です。

無垢材の中でも杉はやわらかいです。
やわらかい材は、キズつきやすいですが、素足で歩いたときにサラッとして気持ちがいいし、温かいです。

タモ・クリなど、硬い材はキズがつきにくいです。ただ、素足での生活には向かないでしょう。

モデルハウスに来られた方には、ぜひ素足を体感していただきたいです。
私はやわらかい材料が好きですね。

  • 投稿者[設計 辺見]
  • カテゴリ[メンテナンス]